はがきの書き方といっても

はがきの書き方といっても

手紙といっても様々なジャンルがあると思います。

もちろん友達に出すこともあれば、目上の人や面接の時、退職の時に使う手紙を書かなくてはいけない時もあります。

しかし現代ではほとんどメールに手紙が取って代わって連絡手段としてはほとんど使われていないのが現実です。

それゆえに手紙の書き方というものを学んでも実践しないためほとんど書き方を知らない人ばかりであるのが事実であると思われます。

そんな中で是非手紙の書き方を覚えていただきたいと思ってこのブログを書きます。

まず基本的なことを確認しておきましょう。


はがきの書き方について
はがきには官製はがきと往復はがきがあります。
往復はがきは返事をもらいたい時に使います。

手紙と違うのは手軽に出せて日常でつかうことができます。
しかし情報を外部に漏らしたくない場合や儀礼的な通信においてはつかってはいけません。

裏面に文章が書ききれなくなった場合は表の下半分まで使うことができます。

封筒と同様で中央に宛先を書きます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4079475

この記事へのトラックバック