見舞い状の書き方

見舞い状の書き方
もし取引先で不運な事故やトラブルが生じたときはなるべく早く見舞い状を書いて出した方がいいです。

これは先方の状況をしって明瞭に要点を整理して励ます目的があります。

できればはがきで手書きの方が良いと思います。
その方が誠意が伝わると思います。

また取引先の災害をどうして知ったかなどや復興をお祈りする内容など忘れずにいなければいれなければなりません

見舞い状は誠意を相手に伝えることが大事ですがある程度の形式にのっとって書かなければなりません。


交通事故の見舞い状
 前略  本日貴社にうかがいましたところ、課長の上田様より貴方様の交通事故の災禍に遭われたとのお話、突然のことで驚いております。
 信号を渡っていたところ脇見運転で思いもよらない不幸な事故に巻き込まれさぞやご立腹のこととお察し申し上げます
 増田様には、ご養生に専念していただき、一日も早く職場に復帰していただくことを記念してやみません。
 なお、心ばかりのお見舞金を同封いたしましたのでご受納ください。
まずは取り急ぎお見舞い申し上げます。


といった感じでしょうか。

他にも自身や火事、水害などといったものがありますがうまくまとめることが大事です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: