時候の挨拶

手紙を書くにあたって最初に時候の挨拶をしなければなりません。
しなくてもいい場合もありますが形式上やはりしたほうがいいでしょう。

時候と季節の挨拶について

1月  新春の候 初春のみぎり 初春の候 寒気厳しき折から など

2月  余寒の候 春寒のみぎり 早春の候 余寒厳しき折から など

3月  初春の候 春暖の折から 水温む候 浅春の候     など

4月  春たけなわの頃 陽春の候 春色日増しに濃く     など

5月  新緑の候 若葉の候 青葉目にしむ頃 風薫る五月   など

6月  初夏の候 梅雨の候 向夏の候 梅雨の折から     など

7月  盛夏の候 猛暑のみぎり 小夏のみぎり 猛暑のみぎり など

8月  残暑の候 立春の候 残暑厳しき折から 晩夏の候   など

9月  初秋の候 秋涼の候 新涼のみぎり 夜長の候を迎え  など

10月 秋冷の候 もみじの候 灯下親しむの候 寒露の候   など

11月 暮秋の候 晩秋の候 立冬の候 初霜の候       など

12月 冬至の候 師走の候 歳末ご多用の折から 初冬の候  など


とりあえずリストアップしてみました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: